ゴールデンレトリバーの病気

うちは、本当に犬が好きな愛犬家一家で、20年ほど前から常に犬が家にいる状況です。
現在の犬は3代目になります。2代目のゴールデンレトリバーが、一度大きな病気をし、入院したことがあるのでその時の話を書きたいと思います。

何年前かは忘れましたが、2代目ゴールデンレトリバーで、性格は大変おお人好し、人が大好きでおでかけすることが大好きなのです!
犬と一緒に外出できるところは、屋外公園が多いのですが、うちも2か月に1回ほど行きました。
愛知万博が開かれた場所なのですが、当時はまだ万博前でしたので「愛知青少年公園」というところです。
そこで、普段ならぴょんぴょんと飛び回って走り回るはずなのですが、元気がなく足が重そうに歩いているのです。

おかしい!

と思い、その帰りに動物病院に行ってきました。
すると、詳しい病名は忘れてしまいましたが、子宮の中に膿がたまってしまい、即手術になり、子宮摘出になりました。
そのまま気づかずに放置していたら亡くなっていたんだそうです。
その後、1週間入院し、無事元気な姿になって帰ってくることができました!

そして大型犬でありながら、17年半と超長生きしてくれました。
犬は、かけがえのない家族(パートナー)です。
でも、不調を自分で訴えることは難しく私たちが気を付けてみていないと大きな病気を見過ごしてしまう可能性があります。

普段からのスキンシップは、本当に大切ですね!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wwgc2005.com/kanri/mt-tb.cgi/10

コメントする