椎間板ヘルニア

我が家には、4才になるオスのミニチュアダッククスがいます。
ちょうど、1年くらい前に椎間板ヘルニアを発症しました。
散歩が大好きで、とても元気な犬なんですが・・・

椎間板ヘルニアは、突然に起こりました。
ある日、自分が仕事から帰ってみると、いつもだったら
ウルサイくらいに、遊んで遊んでと足にジャンプして来たり
自分の座っている少し高さのあるソファーに飛び乗って来るのに
その日の夜に限って、おとなしいんです。

名前を呼んで、「おいでっ」と誘っても、ソファーの下で「クーッン」と鳴くだけ。
何だか、不安にはなりましたが、次の日も仕事があるのであまり気にせずに就寝しました。

ところが、次の日の朝には、後ろ脚(両脚)を引きずっている姿に・・・
力が入らずに、ズルズルと後ろ脚を引きずって移動しているんです。

もう、その姿を見ていると可哀想で、涙が止まりませんでした。
この子は、もう、一生このままの姿なのではないか?と・・・

犬の事で仕事を休む訳にもいかず、急きょ、母親に犬を動物病院へ連れて行って貰うように頼み仕事に出かけました。
仕事をしていても、心配で心配で仕事になりませんでした。
仕事場から、電話を入れると、やはり椎間板ヘルニアと診断されたのでした。

そこの動物病院では、「ハリ治療」を薦められて根気よく3か月程通いました。
治療の効果もあり、今では、また、走れる程に回復しました。

本当に、良かったです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wwgc2005.com/kanri/mt-tb.cgi/6

コメントする